体軸ストレッチ

これから施術を始めようと考えている方は是非この方法を取得してください。
これは、現在身体にたずさわる仕事についている方からは、”ズルい”と思われる方法です。


なぜなら、この方法を学んで施術を行なっている方は、確実に効果を出しているからです。


施術をはじめようとしている多くの方が、


「解剖学を勉強しなきゃ。」
「身体の構造を知らないからできない。」
「症状を改善させるためのテクニックを学ばなくちゃ。」


と、こんなことを考えています。


確かに、身体の構造に対して最低限の知識がないといけません。
ですが、一つ一つの筋肉の名称やテクニックを覚える必要はありません。


それ以上に知っておくべきことがあります。
それは、、、


『身体の運動構造』です。


施術をする際のゴールがあやふやであれば、結果も出ることはありません。


どの運動構造を戻したいのか?
それはどのような使い方なのか?


これらを学ぶことが、相手の身体を改善させる際にまず学ぶべきポイントです。


この講座では、施術をする際の姿勢や動作から、適切な運動構造を学習していきます。
また、単一筋の調整ではなく、複数の筋肉を同時に調整するためのクロスポイントシステムを取り入れているので、必要最低限の解剖学的知識で施術することができます。


たった2日間の内容を理解するだけで、セラピストとしての活動ができるようになります。


*この方法は体軸コンディショニングスタジオでも行なっている手法の一つです。

 

◆講義内容◆

第1章 体軸理論の基礎知識
 体軸とは何か
 体軸が通ることのメリット
 体軸に関係する体軸筋連鎖
 施術時に意識する姿勢
 身体の固さと状態を評価する
 施術のパフォーマンスは精度+強度


第2章 自律検査法
 体軸筋を優位に働かせることでの身体の変化
 股関節、肩関節


第3章 施術を上達させるワーク
 施術時の身体の使い方[基本動作]
 肩甲骨の立甲
 股関節の重心移動


第4章 クロスポイントシステム
 体軸筋を優位にさせるフリークロスポイント
 劣位にする筋肉を調整するスティッフクロスポイント


第5章 体軸ストレッチの基本
 施術姿勢の注意事項
 身体の使い方のポイント
 基本手技


第6章 診断方法
 動作チェックのパターン


第7章 体軸ストレッチの技術
 仰向け
 1.足・足首の調整
 2.股関節の調整
 3.仙骨の調整
 4.上肢の調整
 5.首の調整


 うつ伏せ
 1.背面全体の調整
 2.肩甲間部の調整
 3.上腕の調整
 4.前腕の調整
 5.手の調整
 6.肩甲骨はがし
 7.腰部の調整
 8.臀部の調整
 9.大腿の調整
 10.下腿の調整
 11.大腿四頭筋のストレッチ


 横向き
 1.体幹の回旋
 2.仙腸関節の調整

 

◆対象◆

・現役スポーツトレーナー、スポーツトレーナーになりたい方
・現役またはヨガインストラクターをめざす方(RYT200®に充当されます。)
・身体の調整に興味がある方
*一般の方でもわかりやすい内容です。安心してご参加ください。*

 

◆定員◆

20名(先着順)

 

◆価格◆

39,000円(税抜)

 

◆お持ち物◆

・動きやすい服装
・筆記用具
・水
・フェイスタオル

 

◆講師◆

写真 2015-08-24 13 54 07
<上田知明>
体軸コンディショニングスタジオ サロンマネージャー
体軸コンディショニングヨガスクール講師
日本設定医療協会認定体軸セラピスト

高校より陸上競技を7年経験。大学では体育学部にて体育教育学を学ぶ一方で十種競技を行う。 病院での精密検査では異常が認められないが、患部が強く痛む症状を度々経験し東洋医学に興味を持ち、各種講習会に参加。その過程で体軸理論に出会い、現在では施術家として活動。

Top